外壁塗装の価格について

外壁塗装で迷っている方にオススメ!!

全国500社の塗装業者から、優良業者をご紹介
あなたにピッタリの外壁塗装業者が見つかります!

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ

外壁塗装のサイディングについて

外壁塗装の主流となったサイディングですが、実は注意点が多い事をご存知でしょうか?

 

例えば、メンテナンス不要、モルタル壁に比べて費用が安く仕上がると言われていますが、異なる部分があります。実際は、メンテナンスは必要ですし、費用についても業者の選定をミスしてしまうと余計に高くかかります。

 

このように間違った知識のまま施工すると失敗しますので、当サイトでしっかりと知識をつけていただく事をお勧めします。また、サイディングをする塗装業者は気をつけて選びましょう。

 

サイディング,材料費,設置

 

 

まずはじめに、サイディングとは、サイディングボートと呼ばれる板を外壁に張り、釘や金具で壁に打ち付ける作業の事です。

 

 

サイディングの利用が多くなった理由は、

材料費が安い
設置が簡単
作業期間が短い

事が主な理由とされています。

 

 

サイディングの種類・価格・耐用年数についてのまとめ

 

続いて種類ですが、窯業系・木質系・金属系・樹脂系と大きく4種類に分かれており、
どれでも良いわけでなく、気象条件や地域の風土の影響を考え、ご自宅に適した素材を選ぶ事が大切です。以下の表で、各種類や価格、耐用年数についてまとめました。

 

 

窯業系

主にセメントを原材料に耐火性の製品などを混ぜ合わせ作る製品になります。

特 徴 一番利用されている種類になり、デザインが非常に豊富なことからメインとして使われている素材です。ただ、壁に負担がかかりやすいのが難点です。
耐用年数 10年以上持つ製品が多く販売されています。
金 額 窯業製の価格は1平方メートルで約5,000円程度
こんな方にオススメ 耐震性や遮音性、防火性も高くて、デザインも豊富なので、初めて選ぶ方には特にオススメ

 

 

木質系

杉などの木を材料にする製品になります。

特 徴 防火性に劣る為一部利用できない地域が有りますが、無垢材を利用すれば問題ありません。木の心地よい感じを楽しみたい方にお勧めです。また、天然木を利用しているタイプになり、自然的な柔らかい印象を与えることができます。ただ、高額になりがちで、メンテナンスが大変なのが難点です。
耐用年数 5年以上持つ製品が多く販売されています。
金 額 木材系は1平方メートルで約6,000円程度になり、比較的高価な素材として使われています。
こんな方にオススメ 環境にやさしい素材を利用して、地域の気象条件を考慮したい方にオススメ

 

 

金属系

金属と断熱材を元につくる製品になります。

特 徴 窯業系よりも軽く、耐火性もあります。現在ではガルバリウムやアルミ、スチールやステンレスなどを用いて成型されたもので、断熱材を裏に入れた製品になりますので軽量ながら丈夫な素材で断熱性にも優れていることでも知られています。ただ、錆びる事が難点です。
耐用年数 10年以上持つ製品が多く販売されています。
金 額 このタイプは1平方メートルあたり、約4,000円に設定されていることも一般的です。
こんな方にオススメ 寒冷地にお住まいの方

 

 

樹脂系

塩化ビニル樹脂が原材料につくる製品になります。

特 徴 塩化ビニル樹脂が素材になり、丈夫で塩害に強くて耐久性にも優れていることも特徴の一つで、劣化しにくいメリットがあります。ただ、施工業者が少ないのが難点です。
耐用年数 15年以上持つ製品が多くメンテナンスが不要な製品まで有ります。
金 額 このタイプは1平方メートルで約9000円程度になり、かなり高価な素材になります。
こんな方にオススメ 海の近くで塩害を受けやすい地域にオススメ

 

 

サイディングのメリット・デメリット

 

サイディングの特徴をメリット・デメリットとして上げて見ました。

 

サイディングのメリット

現在の主流

現在、一番多いのがサイディングを使った建物です。

 

設置費用が安い

工場で作られている物を張りますので、設置費用はモルタル壁と比べて安くなります。

 

材料費が安い

工場製品で量産が出来る物があり、材料費は安く仕上げる事が出来ます。

 

作業期間が短い

完成した製品を張りますので、通常の外壁塗装と比べて作業期間は短くなります。

 

雨、風、火に強い

サイディングボード自体が耐火性・耐久性に優れている為、雨・風・火にも強いです。

 

 

 

サイディングのデメリット

熱を吸収しやすい

熱を吸収しやすい素材で、真夏になると最高60度ぐらいまで上昇する事もあります。

 

コーキングの劣化が目立つ

サイディングボードのつなぎ目には、コーキングを利用しますので劣化すると目立ちます。
※コーキングは別名シーリングとも呼ばれます。

 

水が浸入しやすい

コーキングが剥がれてきた場合、隙間が出来るので雨水が浸入しやすいです。
コーキングの下には、バックアップ材や、ハットジョイナーと呼ばれる水の浸入を防ぐ素材がありますが、剥がれてきたら、外壁塗装の目安と思ってください。

 

 

サイディング塗装が剥がれた場合の対処法

 

サイディングが剥がれてきたら、状況に応じた対処が必要になってきます。
何もしなくても数年でコーキングは劣化しますので、定期的なメンテナンスは必要になります。

 

一般的には新築から10年から15年ほどでサイディングの塗り替えを行ない、30年から40年ほどで張り替えすることがすすめられています。

 

サイディング,剥がれ

 

 

ただ、その前にサイディングが剥がれたという場合もありますので、その対処方法をお伝えしていきます。

 

一部の塗装が剥がれてきた場合

塗膜が剥がれてる場合、古い塗膜を剥がしてから、新しい塗料を塗ります。

 

一部の塗膜が剥がれている場合でも、しばらくすると他の場所も痛んでくる事が多いので、全体の塗装をする方が良いでしょう。
ご自身でやる方もいますが、サイディングの塗装は難しいので業者に任せる方がお勧めです。

 

全体の塗膜が剥がれてきた場合

全体が剥がれてきた場合は、出来る限り早めに業者に依頼をした方が良いです。
雨水の侵入により建物自体が悪くなる恐れがありますので、ご注意ください。

 

 

 

サイディングのリフォーム方法

サイディング,リフォーム

 

サイディングのリフォームは3通りの方法があります。

 

1 塗装のみ

2 コーキング(シーリング)のみ交換

3 サイディングボードの張りかえ

 

リフォームする際の大体の目安をお伝えします。

 

リフォーム方法 費用
サイディングボードの塗装のみ 50万円〜100万円
サイディングボードの張り替え 100万円〜150万円
現在の壁からサイディングボードに切り替え 150万円〜250万円

 

 

サイディングの疑問点をまとめました

 

サイディングで良くある疑問をまとめて見ましたので、ご参考にしてください。

 

ベランダ,床,プラスチック

 

サイディング塗装の人気でお勧めの種類は?

サイディングでお勧めなのは、圧倒的に窯業系を利用した素材になります。
理由としては、日本で良く使われており、窯業系の特徴でもある、種類が豊富で自分好みに仕上げ安く、色々なメーカーが扱っている為、比較しやすい事がお勧めの理由です。

 

 

外壁塗装,サイディング

 

サイディング塗装の色はどれが良い?

どの色を選んでも良いですが、出来るだけ周りの家と合わせる方が良いでしょう。
個性も重要ですが、調和のとれた景色も良いものです。色については、外壁塗装で失敗しない為の色の選び方をご参照ください。

 

 

外壁塗装,サイディング

 

サイディング塗装はDIY出来る?

DIYで行う場合、塗装までは良いですが張り替えはお勧めは出来ません。
塗り替える方法は、外壁塗装を自分でやるにはどうするか?(DIY)をご参照ください。

 

 

外壁塗装,サイディング

 

地震でサイディングは崩れるの?

地震が起きたりすると、外壁にヒビが入ったりしますので、地震後は一度確認する方が良いでしょう。
地震の目安は震度3以上で、ひび割れ、剥がれ、ズレなどをご確認ください。

 

 

外壁塗装,サイディング

 

サイディングの塗装に失敗した場合

業者に依頼した場合は保証期間があるので、気付いた段階でご相談しましょう。
ご自身で行った場合は無理に塗り替えたりすると、余計に傷みが発生する可能性がありますので、ご自身では行わず、業者に相談することをお勧めします。

 

 

外壁塗装,サイディング

 

サイディング部分のメンテナンスは必要?

毎日お手入れする必要はありませんが、汚れを感じた場合や数か月に1度ほどは綺麗にしてあげましょう。

 

まずは、外壁にキズや傷みが無いかを確認し問題なければ、水とブラシで掃除し汚れがあれば中性洗剤を利用しましょう。

 

以上で、サイディングの疑問点をまとめてみました。
サイディングの塗装をお考えの方に、少しでも参考になれば幸いです。

外壁塗装は業者選びが大事です!

なぜなら・・・

 

高額な見積もりを提示されても分からない

手抜き工事をされても分からない

 

初めての外壁塗装では分からないことだらけです。
そんな方の為に無料でサポートしてくれる会社があります。

 

外壁塗装の相場が分かり、優良な業者を紹介していただけます。
サイト管理人も利用した事があるので、一度試してはいかがでしょうか。

@ 外壁塗装駆け込み寺

 

★外壁塗装の仲介業者で人気急増中!

 

オススメポイント

・95%以上が、また利用したいと回答

・相談しながら選ぶので、失敗を防げます

 

外壁塗装駆け込み寺はコチラ

A 外壁塗装の窓口

 

★外壁塗装の仲介業者で最大規模!

 

オススメポイント

・1日の定員数を決めて、一人の対応を丁寧に行っています

・審査が厳しいので、優良業者が多いのが強みです!

 

外壁塗装の窓口はコチラ

本当の相場をご存知でしょうか?

約1分あれば無料で簡単に相場を知る事が可能です。

ご利用件数10万件以上の実績

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ


トップページ 体験談 塗装のトラブル サイディング編 防水塗装編 足場の解説