外壁塗装の価格について

外壁塗装で迷っている方にオススメ!!

全国500社の塗装業者から、優良業者をご紹介
あなたにピッタリの外壁塗装業者が見つかります!

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ

エクステリアの塗装の種類

エクステリアを塗装する際に使う塗料の種類には大きく分けて油性と水性の二つがあります。

 

まず、油性の場合は乾燥後の油膜が固いという特徴があります。そのため、厚塗りをしたり、下手に二度塗りをしてしまうとそこだけ盛り上がってしまいます。ただし、一方できちんと塗れば水性塗料と比べて仕上がりが良くなります。

 

また、水性よりもツヤもあり耐久性に優れているというところもメリットとして挙げることができます。

 

一方、水性顔料の場合はまず油性顔料特有のにおいがありません。そのため、近所迷惑を避けられますすし、お子さんがいるお宅の場合もお勧めすることができます。

 

加えて、テクスチャーが重ための油性顔料と比べて塗りやすいという特徴もあります。総じて油性顔料と比べたら扱いやすいのがポイントです。水性といっても乾いてしまえば耐水性、耐候性にも優れています。

 

このようにそれぞれメリットとデメリットがありますので、目的に応じた種類を使い分けることが大切です。

 

エクステリア,塗装,塗料

 

 

エクステリアのDIY方法

 

エクステリアの塗装がはがれてしまったときや、味気ないブロック塀を何とかおしゃれに変えたいときには、もちろん業者に頼んだ方がよい場合もありますが、簡単なものであればDIYで直したり作ったりすることができます。

 

その方法で一番メジャーなのは、そのまま壁を塗ることです。

 

その工程としてまず、ブロック塀の下地処理を行ないます。そのままモルタル(ホワイトセメント)を塗ってしまうとあとあとはがれてきてしまうこともあります。そこでひび割れ防止のためにファイバーネットを埋め込んだり、凹凸を慣らしたりといった下地処理が必要なのです。

 

それができたら壁塗りに入ります。コテを使い均一に慣らしながら塗っていきます。モルタルをそのまま縫ってもいいですが、例えば色粉を少し加えれば好みの色にすることもできます。

 

このように壁を塗るという方法もありますが、もっと簡単なのは板を張ることです。耐久性は劣りますが、安価で簡単に行なう方法もあります。

 

エクステリア,DIY

外壁塗装は業者選びが大事です!

なぜなら・・・

 

高額な見積もりを提示されても分からない

手抜き工事をされても分からない

 

初めての外壁塗装では分からないことだらけです。
そんな方の為に無料でサポートしてくれる会社があります。

 

外壁塗装の相場が分かり、優良な業者を紹介していただけます。
サイト管理人も利用した事があるので、一度試してはいかがでしょうか。

@ 外壁塗装駆け込み寺

 

★外壁塗装の仲介業者で人気急増中!

 

オススメポイント

・95%以上が、また利用したいと回答

・相談しながら選ぶので、失敗を防げます

 

外壁塗装駆け込み寺はコチラ

A 外壁塗装の窓口

 

★外壁塗装の仲介業者で最大規模!

 

オススメポイント

・1日の定員数を決めて、一人の対応を丁寧に行っています

・審査が厳しいので、優良業者が多いのが強みです!

 

外壁塗装の窓口はコチラ

本当の相場をご存知でしょうか?

約1分あれば無料で簡単に相場を知る事が可能です。

ご利用件数10万件以上の実績

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ


トップページ 体験談 塗装のトラブル サイディング編 防水塗装編 足場の解説