外壁塗装の価格について

外壁塗装で迷っている方にオススメ!!

全国500社の塗装業者から、優良業者をご紹介
あなたにピッタリの外壁塗装業者が見つかります!

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ

外壁塗装の工事請負契約書とは

外壁塗装を業者に依頼する場合、見積書を依頼し金額等に納得することができれば、契約書を交わすことになります。

 

 

一般的には工事請負契約書と呼ばれているものを業者側が作成してサインや捺印をすることになりますが、工事請負契約書の内容は隅々までしっかりと確認しなければなりません。

 

外壁塗装,工事請負契約書

 

工事名称や工期などが記載されている箇所、注文者と請負者の名称を記載する箇所、請負金額の項目、そして工事内容の内訳などがあり、どの範囲を施工するのかを確認することが大切です。

 

 

例えば施工範囲に軒裏天井が含まれていたり、その他の項目で補償期間などが記載されていることもあるので、十分に納得した上で契約を結ぶことが必要です。

 

 

外壁塗装で書いてもらう契約書の注意点

 

新築工事では必ずと言っていいぐらい契約書は取り交わすものです。

 

 

しかしこれが外壁塗装、リフォーム工事や部分的な工事になると、契約書を取り交わさない場合が多いようです。これは後々でトラブルの原因になるので、必ず契約書は取り交わすようにしましょう。

 

外壁塗装,契約書,注意点

 

それでは外壁塗装の工事の場合は、どの様な点にもっとも気を付けて契約書を取り交わすべきでしょうか。

 

 

基本的な項目は工事項目・範囲に工事請負金額、そして工事期間に支払い条件などありますが、最も注意すべき点は工事項目・範囲です。外壁塗装一式などと書かずに、細かく明細まで表記するようにしましょう。

 

 

また庇部分や軒裏部分についても別途と考える場合もあるので、工事項目や工事範囲については細かく明記するか、細かい明細まで表記した見積書を添付してもらうようにしましょう。また塗料の仕様書や施工要領書なども添付すると良いでしょう。契約書の項目で意味が分からない場合は、気付いた時点で確認しましょう。

 

 

添付書類については工事主と工事請負者の双方が、添付書類の全てに割り印をして後々差し替えなどの出来ないようにしましょう。外壁塗装の契約書は2部作成し、工事主と工事請負者の双方が1部づつ持つようにし、大切に保管しておいてください。

「外壁塗装の工事請負契約書とは」 と一緒に読まれているページ

本当の相場をご存知でしょうか?

約1分あれば無料で簡単に相場を知る事が可能です。

ご利用件数10万件以上の実績

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ


トップページ 体験談 塗装のトラブル サイディング編 防水塗装編 足場の解説