外壁塗装の価格について

外壁塗装で迷っている方にオススメ!!

全国500社の塗装業者から、優良業者をご紹介
あなたにピッタリの外壁塗装業者が見つかります!

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ

外壁塗装で下請け孫請けを使う理由

外壁塗装のリフォームを行う業者は毎年増えつつあり、塗装工事の値段が安いところや高いところなどたくさんの業者の中から良い仕事をしてくれる業者を選ばなければなりません。

 

外壁塗装,下請け,孫請け

 

良心的な価格で適切な工事を行ってもらうには、良い業者に頼むことが必要不可欠です。もしも悪徳業者に頼んでしまうと、相場よりも高い金額を請求されたり、工事の質が悪かったりと品質の面で問題が生じてしまいます。

 

 

たくさんある外壁塗装業者の中から、質の良い仕事を妥当な値段で行ってくれる業者を選ぶために、外壁塗装の実態について知っておくと良いでしょう。今回は、外壁塗装の下請け孫請けについて説明します。

 

 

塗装の仕事が下請けに流れていく理由

 

元請け業者が塗装の仕事をもらってから、日程が忙しくて塗装の時間が取れないと、工事を下請けに丸投げすることがあります。しかし多くの場合、元請の会社としては下請け業者に会えるのは現場だけになります。

 

塗装,仕事,下請け,流れていく理由

 

元請け業者としては、依頼主のことを考えて、下請けの職人に仕事を流しますが、仕事として請け負った下請け業者は、自分の会社に帰って経過を報告する時には元請け業者の気持ちは忘れます。

 

 

もちろん、下請け業者もいい仕事をしたいと思っていますが、自分たちの利益が大事なので、時間のかかる仕事や手間のかかる部分の仕事はやりたがりません。そのため、元請けも依頼主も知らないうちに下請け業者の独断で作業が簡素化されることがあります。

 

 

元請け業者から孫請けに仕事が流れる時の注意点

 

元請けから孫請けまで、間に複数の業者を通すとマージンが発生して値段の割に仕事の質が悪いこともあります。例えば下請け業者に、屋根は下からは見えないために、塗る回数を減らすなどの手抜き工事をされることもあります。さらに、元請けから何日までに塗装を仕上げてくださいと期限を決められても、下請け業者も忙しい時は孫請けまで仕事が流れることもあります。

 

 

下請けと元請けの2つのマージンが発生するため、 孫請けは予算が厳しい中で利益を出すために手抜きの仕事をしたり、安い材料を使って仕事をすることになります。

 

 

誰からも見られなくても、細かいところまで良い仕事をするのが職人のあるべき姿ですが、会社として利益を出すことを考えると、仕事が流れ作業になってしまうことがあります。そのため、外壁塗装の仕事を下請けや孫請けに流す業者ではなく、責任をもって最初から最後まで自分たちで行う業者に依頼した方が良いでしょう。

 

 

良い業者を見分けるために、これまで手掛けてきた塗装の件数やどんな現場を手掛けてきたのかを詳しく聞いてみると良いでしょう。

「外壁塗装で下請け孫請けを使う理由」 関連ページ

本当の相場をご存知でしょうか?

約1分あれば無料で簡単に相場を知る事が可能です。

ご利用件数10万件以上の実績

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ


トップページ 体験談 塗装のトラブル サイディング編 防水塗装編 足場の解説