外壁塗装の価格について

外壁塗装で迷っている方にオススメ!!

全国500社の塗装業者から、優良業者をご紹介
あなたにピッタリの外壁塗装業者が見つかります!

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ

水性塗料を使って外壁塗装する

外壁塗装をする塗料には、水性塗料と油性塗料があります。どちらのタイプもホームセンターで購入できるので、自分で外壁塗装をする時には、塗料の種類を参考にしてみると良いでしょう。

 

水性塗料,外壁塗装

 

水性と油性のどちらが良いのかというのは塗装業者の中でも意見が分かれていて、耐久性を求めるなら油性塗料を使うという意見や、今では水性塗料の研究が進んでいるので油性塗料と同じように使えるという意見など様々な見解があります。

 

 

では、どちらのタイプの塗料が使う安いのでしょうか。水性塗料の特徴について見てみます。

 

 

水性塗料はどんな塗料か

 

シックハウスを減らすために研究が進みできたのが水性塗料で、油性塗料のようにシンナーで薄めるのではなく水を使って薄めることができるので、薄め液としてシンナーを使用しなくても済みます。そのため、水性塗料は臭いがしない塗料で安全と言われていますが、実際には安定させるために化学物質も少し混ぜられているので、臭いが全くしないわけではありません。

 

水性塗料,どんな塗料

 

外壁塗装であれば問題ありませんが、室内を塗る時には換気を行う必要があり水性塗料が入った容器にも気を付けた方が良いでしょう。環境問題を考えて塗料メーカーは水性塗料の開発や研究に力を入れているので、無溶剤型の塗料など今はまだ一般的ではないものも出てくるでしょう。

 

 

ニオイ以外にも耐久性にも優れた水性塗料が多く存在します。これまで水性塗料の耐久性は油性塗料より低いと言われていましたが、最近では水性塗料の品質は上がって油性塗料に劣らない耐久性の高い製品が出回っています。しかし、高い耐久性を発揮するのは塗装が終わってしっかりと乾燥してからになるので、外壁の塗装作業を行うのは天気の良い日にした方が良いです。

 

 

水性塗料は価格が安いのが利点ですが、耐久性が高い水性塗料は値段も高く設定されています。注意点として水性塗料は商品によっては直接塗れないタイプのものあり、あらかじめ下塗りをしないといけないので、直接塗ることができるか、下塗りが必要かを見極めなければなりません。

 

 

屋根には油性の塗料が良い

 

屋根専用の水性塗料も数多く出回っていますが、屋根は10年くらい経つとかなり弱くなってくるので、油性の下塗り材があれば水漏れを気にせずに安心できます。油性の塗料は、浸透、固着性が高いので、下地の補強をする時には大きな効果があります。

 

 

そのため、外壁をする時には水性塗料を使って、屋根を塗る時には油性の塗料を使うと良いでしょう。

「水性塗料を使って外壁塗装する」 関連ページ

本当の相場をご存知でしょうか?

約1分あれば無料で簡単に相場を知る事が可能です。

ご利用件数10万件以上の実績

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ


トップページ 体験談 塗装のトラブル サイディング編 防水塗装編 足場の解説