外壁塗装の価格について

外壁塗装で迷っている方にオススメ!!

全国500社の塗装業者から、優良業者をご紹介
あなたにピッタリの外壁塗装業者が見つかります!

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ

溶剤塗料を使って外壁塗装する

外壁塗料には溶剤塗料と水性塗料があります。これまでは圧倒的に外壁には溶剤塗料が使われていましたが、今では反対に住宅の塗装をする時には、水性塗料が使われています。溶剤塗料の方が耐久性やツヤの保持が良かったのですが、塗料の技術研究によって水性塗料の耐久性も上がってきたために多く使われるようになったのです。

 

溶剤塗料,外壁塗装

 

塗料には色を付ける顔料と、耐久性を高める樹脂と、ツヤを高めたり消したりするための添加物を混ぜて作られています。外壁塗装をする時は、液体で溶かしてから壁に塗りますが、溶かす液体によって水性か油性かが決まります。シンナーなどの溶剤で溶かすなら溶剤塗料と呼ばれます。

 

溶剤塗料の使い勝手はどうか

 

溶剤塗料の耐久性は高く、雨風にさらされることを考えて、外壁塗装には長い間溶剤塗料が使われてきました。耐久性の高い水性塗料は値段が高いので、高い耐久性を求めるならば溶剤塗料を選ぶ方が良いでしょう。

 

 

また、大変塗りやすいことも特徴で、どんな素材に対しても下塗りをせずに塗ることができ、金属にもしっかりと塗り付けることができます。乾燥が早いことは利点ですが、保管には気を使わなければいけません。独特のニオイがあるので、外壁塗装の時には、あらかじめ近所の住民には作業の日付を知らせておく必要があります。

 

 

一般的住宅の塗り替えの時には、近所に配慮して水性塗料を使用する人が多いですが、工場や倉庫には金属部分が多いので、溶剤塗料を使うことが多い様です。

 

 

溶剤塗料の特性について

 

水であれば、飲んだり近くに置いても健康被害はありませんが、シンナーなどの有機溶剤は危険なもので、混ぜることで別の物質を溶かす作用があります。簡単にいうと物質を溶かすための物質なので非常に強力で、体に害を与える物質なのです。

 

溶剤塗料,特性,防護マスク

 

そのため、溶剤塗料を扱う仕事をしている人には、特殊な健康診断を行うように厚生労働省が定めています。溶剤塗料は、そばに置いてニオイをかぎ続けるだけでも人体に害を及ぼしてしまうのです。

 

 

シンナーには様々な種類があり、溶解力が強いシンナーを使って薄めてから壁に塗る塗料が昔は盛んでしたが、今では環境や人体への負担を減らすために、化学物質をあまり使っていない塗料が好まれています。

 

 

塗料メーカーも溶剤塗料を研究して、弱いシンナーでも溶けるような塗料を作り出来上がったのが、シンナーの中でも低刺激な塗料用シンナーを使ったものです。これはニオイも体や周囲への影響も控えめです。

「溶剤塗料を使って外壁塗装する」 関連ページ

本当の相場をご存知でしょうか?

約1分あれば無料で簡単に相場を知る事が可能です。

ご利用件数10万件以上の実績

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ


トップページ 体験談 塗装のトラブル サイディング編 防水塗装編 足場の解説