外壁塗装の価格について

外壁塗装で迷っている方にオススメ!!

全国500社の塗装業者から、優良業者をご紹介
あなたにピッタリの外壁塗装業者が見つかります!

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ

外壁塗装で門扉も塗装する

外部から来た人が最初に目にする場所が門扉なので、家の門は家にとって大変重要な存在です。しかし、門扉のメンテナンスをしていない人は少なくなく、近くで見たときにサビがあったりコケが生えたりしていることもあります。

 

 

いつ誰が来ても良いように、買ったばかりのような清潔さを保つお手入れをしておくと良いでしょう。門扉を手入れする方法には、古くなったものを取り替える方法もありますが、一番簡単にできて新品のような美しい仕上がりにするには、塗装するといいです。

 

 

そこで、外壁塗装と一緒に門も塗り替える人も少なくありません。では、門扉の塗料としてはどんなものを選ぶとよいのでしょうか。そして、自分で塗るときにはどのようなことに気を付ける必要があるでしょうか。

 

 

門扉を塗りなおすタイミングの目安

 

新品で門扉を買った時には塗装されていることが多いですが、長い間紫外線や雨などにさらされていると、木製であれば木が腐って表面が劣化しますし、鉄製であればサビがでて見た目が悪くなります。

 

 

腐った木製の門や鉄のサビをそのままにしておくと、塗装しても治らないこともあり、最悪の場合には門そのものを取り替えなければならないこともあります。そのため、塗装することで見た目を良くするだけでなく、劣化を防ぎ改修工事の費用を安くすることもできるので、門扉を定期的に塗装すると良いでしょう。

 

 

木製と金属製では違う

 

もし、門に触った時に手に粉が付くようなら、チョーキング現象と呼ばれ塗料が劣化した証拠なのでそのまま放っておくと、塗装の膜が薄くなってサビが出ることがあります。鉄製の門を使っている家で、チョーキングが起きている場合はすぐに塗った方が良いでしょう。

 

 

また、木製の門の家で木の色があせていたりカビやコケが発生している時にも塗り直しを考えた方が良いです。木製の門でも撥水加工がされているので、雨が降ったり水滴がついても水を弾くはずですが、木の色があせている時には撥水作用も低下しているので、水が染み込みやすくなり腐ってしまう危険性があります。

 

 

そのため木が腐らないように、木製の門が色あせてきたときに門の塗り直しを考えると良いでしょう。

 

 

サビが出ると見た目が悪くなるだけでなく、足などの金具が外れたりして、最悪の時には門扉ごと買い替えないといけないこともあります。そのため、サビが出たらサビが全体に広がる前に塗り直すようにしましょう。

 

 

門扉のサビを放っておくと、最悪の場合には新しい商品と取り換えなければならなくなり費用もかかるため、安く済ませるためには、定期的に腐敗の状態を点検する必要があります。そこで、木製でも金属製でも門扉を半年に一回点検して状態を確認するようにしましょう。

本当の相場をご存知でしょうか?

約1分あれば無料で簡単に相場を知る事が可能です。

ご利用件数10万件以上の実績

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ


トップページ 体験談 塗装のトラブル サイディング編 防水塗装編 足場の解説