外壁塗装の価格について

外壁塗装で迷っている方にオススメ!!

全国500社の塗装業者から、優良業者をご紹介
あなたにピッタリの外壁塗装業者が見つかります!

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ

外壁塗装をする時には給湯器を覆う

外壁塗装をする時には、エアコンの室外機や煙突、給湯器などをきちんと養生しなければなりません。養生とは塗料が垂れたり跳ねたりして、周囲を汚さないようにビニールで保護膜を張ることです。

 

 

養生がきちんとできているかどうかで塗装の仕上がりも変わるため、非常に重要です。養生を張る時には、テープを真っすぐ貼るようにして、境いになる部分の塗装が真っすぐになるようにしなければなりません。こうした細かい作業で仕上がりや出来栄えがかわってきます。

 

 

外壁塗装をする時には、高圧洗浄をした後に窓枠やサッシ廻りなど外壁の部材や、足場にある植木、室外機に養生を張ります。養生を張る時には、しっかりと覆われていることを確認し、テープで押さえて塗料が中に入り込まないように気を付けましょう。

 

 

見た目が美しいことが重要なので、きちんと張るようにしましょう。また、植木などに養生を張るときには傷つけないように気を付けなければなりません。きちんと張るだけでなくスピードも重要で、早く丁寧に養生を張れるかで、職人の技術がどのくらいかわかることもあります。

 

 

家の中庭に足場を設置した時にも足場の床の部分に養生が必要になりますが、足場が畑だったりすると塗料が落ちないように気を付けなければなりません。

 

 

給湯器を養生する時には注意が必要

 

養生するときに排気口や吸入口までビニールを張ってしまって、故障を引き起こすこともあります。給湯器の排気口を塞いでしまうと、不完全燃焼になり酸化中毒のような事態を引き起こすことがあるので、給湯器の養生はきちんと行う必要があります。

 

給湯器のトップをビニール養生で囲わないように注意して、トップを覆った時には給湯器を使わないように知らせておく必要があります。

 

 

給湯器の養生で起きた実際のトラブル

 

ガス給湯器を使っていた時に異音がして、機器の前面カバーが外れたことがありました。理由は外壁塗装をした時に給排気が全て養生ビニールで覆われていたのに、利用者が点火を繰り返したので、燃焼室内に溜まったガスが爆発して給湯器内の一部を変形させたのです。

 

 

利用者には工事業者から一定時間給湯器を使わないように連絡があったのですが、使用してしまったことが原因です。そのため、業者は綿密に利用者とコミュニケーションを図って、外壁塗装している時には、給湯器を使わないように連絡しなければなりません。

 

 

また、外壁塗装の工事の時に給湯器の吸排気口が養生シートで覆われていると排気ができないので、吸排気口が養生シートに覆われていないように注意しましょう。

本当の相場をご存知でしょうか?

約1分あれば無料で簡単に相場を知る事が可能です。

ご利用件数10万件以上の実績

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ


トップページ 体験談 塗装のトラブル サイディング編 防水塗装編 足場の解説