外壁塗装の価格について

外壁塗装で迷っている方にオススメ!!

全国500社の塗装業者から、優良業者をご紹介
あなたにピッタリの外壁塗装業者が見つかります!

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ

塩害に強い外壁塗料

海沿いの地域に住んでいる人にとっては、外壁塗装の塩害はお馴染みでしょう。千葉県や神奈川県、静岡県などの海沿いの地域は風光明媚で住むのは快適ですが、外壁が塩でボロボロになってしまう被害が多く発生するので、これから家を建てようとする人はぜひ対策を知っておく必要があります。

 

 

塩に強い外壁としては耐塩性・耐久性が強い塗料で外壁塗装しておきましょう。塩害が発生する地域では他の地域よりも2年から3年ほど外壁の寿命が早まると言われています。対策として有効な素材としては、たとえばフッ素系塗料やアクリルシリコン樹脂系の塗料があります。通常の外壁はウレタンやシリコンの塗料で済ませます。

 

 

ウレタン系やシリコン系の塗料は1平方メートル当たりの単価は2,000円程度ですが、フッ素系やアクリルシリコン樹脂系の塗料は4,000円前後でおよそ2倍の違いがあります。とはいっても30年間という年月を考えると、ウレタン系やシリコン系は4回から5回の塗装が必要ですが、こうした素材の塗料だと2回程度の塗装で済みます。

 

 

近年では無機塗料という塗料もあります。これは雨によって自然に外壁の汚れを落とすという塗料で、セルフクリーニングできる塗料です。価格は1平方メートル当たり500円前後と高額になりますが、塩害対策としては賢い方法でしょう。

 

 

塩害で外壁塗装がボロボロになる原因

 

塩害は、空気中や地中に含まれる塩分が多すぎることによって建物の外壁などが受ける被害です。外壁の場合には塩分を含む潮風が原因で発生します。そのため、沿岸地域では多く発生しており、家の守る屋外の壁や窓ガラスが塩分によってダメージを受けるので、部材から塗料も慎重に選択する必要があります。

 

 

外壁の素材として良く使用される素材に金属系サイディングがありますが、これは潮風に乗って運ばれてくる塩分によって切断面や釘穴からサビが発生しやすくなります。表面の塗装がサビの膨張によってめくれ上がって、サビ独特の茶色い状態になります。

 

 

サビて放置された外壁は、本体に穴が開いて、雨水や害虫が建物内に侵入してきます。また、塩分によって外壁がダメージを受けると、コンクリートの表面から徐々に浸透して内部の鉄筋がサビて膨張してきます。

 

 

潮風はかなり遠くまで運ばれます。海から5キロ以内はほとんどの家で塩分の被害を受けると考えて良いでしょう。風の流れによっては、海の近くでも被害がほとんどないところもあります。塩分によって外壁や鉄筋が腐食すると、建物自体の劣化も早くなります。

外壁塗装は業者選びが大事です!

なぜなら・・・

 

高額な見積もりを提示されても分からない

手抜き工事をされても分からない

 

初めての外壁塗装では分からないことだらけです。
そんな方の為に無料でサポートしてくれる会社があります。

 

外壁塗装の相場が分かり、優良な業者を紹介していただけます。
サイト管理人も利用した事があるので、一度試してはいかがでしょうか。

@ 外壁塗装駆け込み寺

 

★外壁塗装の仲介業者で人気急増中!

 

オススメポイント

・95%以上が、また利用したいと回答

・相談しながら選ぶので、失敗を防げます

 

外壁塗装駆け込み寺はコチラ

A 外壁塗装の窓口

 

★外壁塗装の仲介業者で最大規模!

 

オススメポイント

・1日の定員数を決めて、一人の対応を丁寧に行っています

・審査が厳しいので、優良業者が多いのが強みです!

 

外壁塗装の窓口はコチラ

 

本当の相場をご存知でしょうか?

約1分あれば無料で簡単に相場を知る事が可能です。

ご利用件数10万件以上の実績

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ


トップページ 体験談 塗装のトラブル サイディング編 防水塗装編 足場の解説