外壁塗装の価格について

外壁塗装で迷っている方にオススメ!!

全国500社の塗装業者から、優良業者をご紹介
あなたにピッタリの外壁塗装業者が見つかります!

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ

外壁塗装を自分でやるにはどうするか?(DIY)

外壁塗装に必要な道具と、十分なに作業時間を確保できる方は、DIYも不可能ではありません。メリットは業者にお願いするよりも費用を抑えることができる点です。

 

また、日曜大工のようにご自分で作業することが好きな方は、趣味の一つとして楽しみながら作業できることもメリットといえるでしょう。他には自分好み塗装をしたい人にもお勧めです。

 

それでは、DIYで行う外壁塗装について説明していきます。

外壁塗装,自分,DIY

 

当ページの構成としては、

準備するもの
スケジュール
作業手順
注意点

になります。

 

 

準備するもの

 

概ね、必要な物は以下の内容になります。

  • 安全ベルト
  • ヘルメット
  • 安全足袋
  • 防毒マスク
  • 雨合羽
  • ペイント資材
  • ブラシ
  • マスカー (テープとフィルムが一緒になったもの)
  • 刷毛 (幅2〜5cmで大きさの異なるものを2、3本)
  • ローラー
  • 下げ缶 (刷毛を入れる缶)
  • 下塗り塗料(シーラー、さび止め塗料など。溶剤系または水性の適する方を選ぶ事)
  • 仕上げ塗料(好きな塗料を選ぶ)
  • シンナー(塗料の種類によっては必要)
  • ホース接続具 (洗浄時にホースが届かない場所があれば必要)

ぐらいです。

 

 

DIYの手順

 

大まかなスケジュールは以下の通りです。

 

まずは、簡単な手順から説明

1・足場を組む
   
2・全体のチェック
   
3・洗浄実施
   
4・養生
   
5・修復
   
6・下塗り
   
7・中塗り
   
8・上塗り
   
9・養生・足場を外す
   
10・完成

 

では、もう少し詳しく説明します。

 

1・足場を組む

足場は、業者に借りるか、ホームセンターで購入します。設置方法は材料によって異なるので割愛しますが、踏板と手すりを設置していきます。しかし、DIYで外壁塗装をする最大な問題は足場を組むことです。

 

足場を組むためには材料や道具だけでなく、組む手間もかかります。何より、組み方が悪いと落下する危険が高くなりますので、素人が対応するには難しい作業です。こうしたことを考慮すると、足場の組み立ては業者に依頼する方が無難です。しかしどうしてもご自身で行う場合は、安全対策を万全に行ってください。ヘルメットや安全帯は必須です。

 

 

2・全体をチェックする

サビや、壁の隙間が無いか等をチェックします。

 

 

3・外壁を洗浄する

塗料を塗る前に先に掃除をします。汚れの上に塗っても剥がれやすく塗りムラになります。高圧洗浄機などで洗い流した後、タワシやブラシで苔を取り除き、カビが見られる場合はカビ取り剤などを使ってきれいにします。古い塗膜はサンドペーパーなどで研磨しておくと塗料が塗りやすくなり、仕上がりも良くなります。この下準備こそが塗装の良し悪しを左右すると言っても過言ではありません。

 

水洗いが終わったら丸一日かけて乾燥させましょう。

 

外壁,洗浄

 

4・養生をする

養生の目的は塗料が飛び散るので、ビニールシートで保護します。ガムテープは、はがした時に跡が残りますので、養生テープやマスカーを利用して地面との境や軒部分などに付着しないようきっちり養生しましょう。養生は新聞紙ではなく専用のビニールを用意してください。

 

5・壁の隙間・サビに関する修復

壁の隙間には、古いコーキングをはがして、新しいコーキング剤を流し込みます。釘のサビにはタッチアップ(塗料を塗る事)を行いましょう。

 

コーキング,サビ,タッチアップ

 

 

6〜8・塗装作業開始

使用前に塗料の扱いに関する注意書きを熟読しておきましょう。塗り方は上部から薄く均一に塗ります。塗り重ねや塗り残しは必ず乾いてから塗りなおすようにしてください。

 

窓等、塗料がついては行けない所を確認してから作業をしましょう。
初めての方は失敗しても目立たない裏側から施工することをオススメします。

 

塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3回実施すれば塗装は完了です。
主にハケやローラーを使って塗っていきますが下塗り、中塗り、上塗りと3つの工程に分けられていますので、塗料は説明書に従って使いましょう。下塗りは壁が塗料を吸い込んでしまうので塗りにくいのでお気を付けください。中塗り、上塗りはそれほどではありません。

 

 

塗装,中塗り,上塗り

 

 

9・養生、足場を外す

塗装完了後、最後に養生、足場を外します。養生はテープなどが残らないように慎重に外してください。足場を外す際は、再度気をつけながら作業してください。

 

 

10・完成

DIYでは様々なゴミが出るので市区町村の指示に従って正しく処分しましょう。
お疲れさまでした!

 

塗装,足場,養生

 

結果
日程は、2〜3ヶ月程度を見た方が良いです。週に1〜2日、作業時間が取れる目安期間なので、もっと時間が確保できれば、1ヵ月くらいでも作業は不可能ではありません。金額は塗料によりますが、40万円程度あれば完了できそうです。

 

費用を抑えられ、楽しみながら作業できるメリットをあげましたが、建物の性能を大きく左右する外壁塗装は、容易な日曜大工気分で作業するにはリスクが高すぎます。よほど自信がある方でなければ、安く済ませたいという軽い気持ちでのチャレンジはオススメしません。

 

外壁塗装は塗料を塗ればよいだけではなく、家を守る為にあります。安心して外壁塗装を仕上げたいのであれば、プロの専門業者にお願いするか、どうしてもご自分でDIYしたい場合は、業者と相談して自分でもできる場所をDIYする事も一つの方法です。

「DIY」の関連ページ

本当の相場をご存知でしょうか?

約1分あれば無料で簡単に相場を知る事が可能です。

ご利用件数10万件以上の実績

【外壁塗装の駆け込み寺】はコチラ


トップページ 体験談 塗装のトラブル サイディング編 防水塗装編 足場の解説